ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年02月18日

ハーランド「刺激を与えてくれたムバッペ」に感謝

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 7試合連続無失点を継続していたFCセビージャを相手にして、水曜夜のボルシア・ドルトムントはチャンピオンズリーグ16強1stレグにおいて、敵地で3得点を決め勝ち点3を手にし帰国の途についた。特にその中でもその存在感を解き放っていたのが、この日に2得点を決めたエルリング・ハーランド。そしてその彼を触発したのが、パリ・サンジェルマンのキリアン・ムバッペだったという。

 ムバッペは前日に行われたFCバルセロナ戦にて、決勝トーナメントで続いた不振に終止符を打つことに成功。その姿をチェックしていた、若きノルウェー代表は「ムバッペがカンプノウで、決めて見せたハットトリックに刺激を受けたよ」と、UEFA公式サイトにて語っている。「彼に感謝するよ。素晴らしい夜を過ごすことができた」

 ただその一方でドルトムントがセビージャを相手に3得点を決めて見せるも、逆にセビージャもまた2点を返しており、「僕たちの方が2点を許してしまったのは、よくはなかったと思う」と同選手。だがそれでもこの日に「良いプラン」を持って臨んだテルジッチ監督への感謝の気持ちも伝えた。

 「僕たちは良いプランをもって試合に臨むことができていたよ。監督とはかなり話し合いをしていて、そして彼からは「今日は君の試合になる」と言われていたんだ。チャンスを掴むことになると。実際にそうなって、僕たちはとても重要な勝利をおさめることができたんだ」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報