ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年03月07日

サンチョ、CLセビージャ戦を欠場。長期離脱の可能性も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ボルシア・ドルトムントは火曜夜に行われたチャンピオンズリーグ16強セカンドレグ、FCセビージャ戦にて引き続きジェイドン・サンチョを欠いて臨むことを余儀なくされた。週末に行われたドイツ頂上決戦、バイエルン・ミュンヘンでも欠場していた同選手は、ドイツ杯準々決勝グラードバッハ戦にて筋肉系を負傷。ツォルクSDによれば当初の思惑よりも複雑な負傷であったようで、今回のセビージャ戦のみならず、長期離脱の危機にさえ瀕している状況だ。「今の彼の調子を考えても、それは当然のことながら大きな損失だよ」

 なお同じくグラードバッハ戦にて負傷を抱えていたラファエル・ゲレイロについても、今回のセビージャ戦での出場は未定。一方でバイエルン戦で1時間ほどで交代し、かかとの治療を受けていたエルリング・ハーランドについては良好のようで、特に今回のセビージャ戦に向けて支障はないようだ。「この試合は競技面でみても、財政面でみても、我々にとって大きなチャンスだよ」とツォルクSDは強調。「2017年以来の8強入り」を目指し初戦は3−2で快勝、これからホーム戦を迎えるにあたり順調に歩みを進めているところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報