ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年03月18日

ドルトムント、ロイス復帰の判断は明日。フメルスとアカンジは復調

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末には1.FCケルン戦を迎えるボルシア・ドルトムントだが、しかしながら長期離脱中の選手たちに加えて、ジェイドン・サンチョ、マテオ・モリー、そしてラファエル・ゲレイロの3人も、それぞれ欠場を余儀なくされるところだ。

 加えて、かかと負傷しているマルコ・ロイスについても、木曜午後にテストを行い、金曜日の最終調整にて参加の判断が下される見通し。その一方でマヌエル・アカンジ、マッツ・フメルスが戦列へと加わったことからも、少なくとも守備面ではテルジッチ監督のオプションの幅は広がった。

 ただいかなる状況であろうとも、ドルトムントとしては最近の追い風に乗って、前半戦では敗れたケルンにリベンジを果たし、勝ち点差2に迫るCL出場圏内へと滑り込んでいきたいところ。とりわけその4位フランクフルトとは、代表戦明けでの直接対決も待っている。

 その一方でその代表参加については、コロナの影響によってクラブ側は様々な対応を余儀なくされているところであり、ドルトムントでは現在も参加が不透明となったままの選手、ベリングハムやゲレイロ、ハーランドらについても、まだクリアすべき問題が残されたままだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報