ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年04月05日

怪童ムココ、U21代表での負傷で残り全休へ

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ボルシア・ドルトムントはシーズンのラストスパートに向けて、ユスファ・ムココ無しで臨むことが明らかとなった。今季は数々の最年少記録を国内、国際舞台でも樹立してきた16才の怪童にとって、初招集を受けたユーロU21グループリーグでの戦いは貴重な経験となる、はずだった。

 しかしながらドイツU21代表での練習中に、ムココは足の靭帯を損傷して離脱。週末に行われた、CL出場権を賭けた大一番アイントラハト・フランクフルト戦で不在だった上に、これから残りのシーズンも全て欠場することが明らかとなっている。

 これはボルシア・ドルトムントの公式ツイッターにて本日午前に発表されたものであり、「ユスファ・ムココは、足の靭帯損傷のため、残りシーズンを欠場することになります」とのこと。今季同選手はブンデス最年少デビュー、最年少得点を記録するなど、リーグ戦15試合に出場して3得点を記録していた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報