ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年04月09日

ハーランドにサイン求めたソヴレ審判員に、母国の協会から処分

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 インターネットプラットフォーム『Sport.ro』に対して、ルーマニアの審判委員会は、オクタヴィアン・ソヴレ審判員に対して、日曜日に予定されていたルーマニア1部、ウニヴェルシタテア・クラヨーヴァvsCFRクルジュ戦など、しばらくの間は出場停止処分を科す判断を下したことを明らかにした。

 ソヴレ審判員は先日行われたチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグ、マンチェスター・シティvsボルシア・ドルトムント戦での試合後に、ドルトムントのエルリング・ハーランドへイエローカード、そしてレッドカードにサインを求めた映像が流れており、その後にその2つをオークションにかけて慈善活動へと役立たせようとしているところ。

 ただ母国のルーマニアの審判員委員会では、今回の行動を良しとしてはみておらず、それはUEFAについても同様のことであり、既に審判長であるロベルト・ロセッティ氏から叱責を受けていた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報