ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月02日

ドルトムント、マテオ・モリーが右膝負傷で交代

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ボルシア・ドルトムントはホルスタイン・キールに5−0で快勝を収め、無事にドイツ杯決勝へと駒を進めた。しかしながら後半62分より、ウカシュ・ピシュチェクの代わりに投入されたマテオ・モリーが、スプリント勝負に臨んだ際に右膝を捻っており、すぐにプレー続行不可能とのサインが出されている。

 エディン・テルジッチ監督は、通常はモリーは「歯を食いしばってでも」プレーし続けるという性格を知っているだけに、その様子に「非常に胸が痛んだ」ことを明かした。なお一旦治療を受けたモリーは、そのまま担架に乗ってピッチを後にしており、これから受ける精密検査によって負傷の度合いが明らかとなる。

 2019年夏に加入したモリーは、今季はここまでリーグ戦13試合に出場、うち途中からの出場は8試合で、ドイツ杯では4試合で出場しており、ボルシア・メンヒェングラードバッハとの準々決勝では、先発出場も果たしていた。なおチャンピオンズリーグでは7試合に出場している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報