ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月02日

ジャン、モリーの負傷は「重傷だとすぐに分かった」

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 土曜夜に行われたドイツ杯準決勝ホルスタイン・キール戦では、格下を相手にドルトムントは序盤から優勢に試合を進め、前半終了時点で5−0と大量リードを確保。だがその中でアシストを記録した、エムレ・ジャンの表情は浮かなかった。

 「そこまで喜べないよ」と語ったドイツ代表DFの視線の先には、後半途中から出場し、膝の負傷で途中交代を余儀なくされたマテオ・モリーの姿があり、「後半で僕たちはボールを回して行きたかったし、そこでの怪我人は避けたいと思っていた。でも結果的にはあんなことになってしまって・・・。特に以前に膝へ大怪我を負っていた若手選手を思うと胸が痛むよ」とコメント。

 まだ試合直後ということで、当然のことながらエムレ・ジャン自身も、まだモリーの負傷の詳細については知る由もないが、しかしながらそれでも「聞く限りは、あれは重傷だとすぐにわかるものだった」と述べている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報