ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月18日

テルジッチ監督、17歳ベリンガムを絶賛「信じられないほどだ」

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 若干17歳の若者ながら、ドイツの名門ボルシア・ドルトムントにて、まるで古株の選手のようなパフォーマンスを披露している、ジュード・ベリンガムに対し、エディン・テルジッチ監督から惜しみない賛辞の言葉が贈られた。

 「彼のプレーを見ていると、まだ17歳なんて思えないよね。あの年齢でやってのけてみせていることは、信じられないものだよ。そのコンスタントさは、本当にとても素晴らしいものがある」と、マインツ戦後にスカイに対して語った指揮官。
 
 その夢を実現するため、英国から家族と共に強い決意をもってドイツ挑戦に臨んでいるところであり、「彼は1年前から、母親と一緒にここに住んでいて、弟と父親はイギリスにいるんだ」とも明かしている。

 その結果、ベリンガムは移籍初年度から即座に好パフォーマンスを発揮。これまでブンデス28試合、チャンピオンズリーグ10試合、ドイツ杯6試合に出場しており、その中で5得点をマークしている上に、ドイツ杯ではタイトル獲得も果たした。

 だがベリンガムは既に先を見据えているところであり、まずは自分自身のことに集中しているところ。「これからの1年間、常に向上心をもち、努力を重ね、もっと良い選手になっていきたい。僕にはそれしか考えにないよ」と意気込みをみせている。

テルジッチ監督「不可能を可能にした」


 一方でテルジッチ監督は、「素晴らしいシーズンのラストスパートをみせてくれた」チーム全体についても称賛。タイトル獲得とCL出場権獲得という「2つの目標を達成できた。もちろんドルトムントとして本来、もっと期待されているのはわかっている。ただそれでもフランクフルト戦からの危機的状況からの脱却は特筆すべきだ」と「不可能を可能にした」ことへ胸を張った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報