ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月21日

テルジッチ監督の去就は?「来週から考える」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末に控えるブンデスリーガ最終節はボルシア・ドルトムントにとって、ウカシュ・ピシュチェクとマルセル・シュメルツァとの別れを告げる場にもなるが、これにエディン・テルジッチ監督も加わることになるかどうかについては、来週以降の決断ということになる。

 負傷離脱中のシュメルツァとは対照的に、筋肉に違和感を覚えていたピシュチェクについては「出場することになるだろう」と明かしたテルジッチ監督は、自身については「これまで私は、目標を達成することだけに集中してきた。今週はその満足感に浸る機会として利用したいと思う。あとは来週に考えることにするよ」とコメント。

 「もうこういった事を話す会見の場がないしね」とニヤリと笑った。マルコ・ローゼ監督就任時にはACへと戻ることで話が進んでいた指揮官ではあるのだが、ここ数週間のうちにドイツ杯優勝、そして困難とみられていたチャンピオンズリーグ出場権獲得を最終節を前にして確定されるなど、その手腕は注目を集める結果となっており、今回の会見からもその傾向を伺い知る事はできなかった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報