ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年06月03日

ラストイヤーに入るダフードとドルトムント、話し合いはこれから

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ボルシア・ドルトムントと締結していた5年契約も、残すところあとわずか1年のみとなってしまった。ボルシア・メンヒェングラードバッハより更なる飛躍を期して加入したマフムード・ダフードは、今シーズンでようやく加入以降最高のシーズンを過ごす事に成功。後半戦で巻き返した結果リーグ戦21試合に出場して1得点、1アシスト、kicker採点平均3.37をマークした。

 それにより国外からの関心を喚起する結果となっており、イングランド、スペイン、イタリアからの問合せも寄せられているところ。それでも25歳のMFにとってはドルトムント残留も視野に入れているところであり、あくまでマルコ・ローゼ新監督の起用が重要なポイントとなる模様。話し合いはまだ行われてはいないものの、特に大きな懸念があるわけでもないようだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報