ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年06月28日

「ドイツ人選手をよく知る」サンチョに出番は巡ってくるか?

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今夏のユーロ2020においてここまで、ジェイドン・サンチョがグリープリーグで、わずか6分間の出場にとどまっていたことは、選手本人よりもむしろ、英国メディアの方が気にかけているようだ。

 イングランド代表の一員として初めて、ビッグトーナメントに参加中の21歳は「もちろん、これは特別なことではあるよ」とコメント。ただチェコ代表戦では終盤より投入されるも、これといったインパクトは与えることはできておらず、「それを忘れてはいないさ」とスカイスポーツに対して述べている。「できればもっと出場時間を得て、自分の力を示す機会を得られたらとは思っているよ」

 その時をジャーナリスト、そして元プロ選手たちも切望しているところだが、おそらくサウスゲート監督は今回のドイツ戦でも再びサンチョの起用を見送ることだろう。「もちろんドイツ人選手の多くを知っているし、代表のユニフォームを着た彼らを目にするとは当然興味ぶかいことさ。もしプレーができたら、彼らの長所短所をうまく把握できてれば良いね」

 その一方でサンチョは、ドルトムントでも同僚のジュード・ベリングハムの能力についても、同様によく把握しているところ。日々トレーニングの様子を目にしてきた若武者について、サンチョは「子供から大人へと成長している」と表現し、「ドルトムントで日々、懸命に努力を重ねてきたからね。だからそれを果たせたんだ。初日から彼の覚悟は明白だったよ」と振り返っている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報