ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月01日

サンチョ移籍でクラブ間合意、間も無くマンU入りへ

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 遂にマンチェスター・ユナイテッドがボルシア・ドルトムントより、ジェイドン・サンチョを獲得することになる・・・。すでに同選手と5年契約で合意済みとなっていたマンチェスター・ユナイテッドは、移籍金でもクラブ間で合意。これはBBCをはじめとする英国メディアや、ドイツの大衆紙ビルトなどが報じ、そしてkickerでも確認をとった情報だ。

 その内容は基本金8500万ユーロに加えて、いくつかは非常に低い条件による成果に応じたボーナスを含む内容となっており、いまのところはまだクラブ側より正式な発表はなされていないものの、おそらくは本日木曜日中にも実現する見通し。なお移籍金750万ユーロで2017年にドルトムントへと売却していた、マンチェスターUのライバルであるマンチェスターCは、昨夏にkickerがお伝えしたように今回の移籍金のうち15%を手にすることに。

 ボルシア・ドルトムントへと加入して以降、ジェイドン・サンチョはこれまでのべブンデス1部通算104試合に出場して38得点をマーク。チャンピオンズリーグでは21試合に出場して5得点を記録しており、最近ではドイツ杯決勝ライプツィヒ戦でも得点、タイトル獲得に貢献していた。

 ただその一方で母国、イングランド代表ではまだ、これといったインパクトは残すことができておらず、火曜日に行われたドイツ代表戦で勝利した試合でさえも、ベンチ入りしたのみとなっており、今大会で唯一の出場となったのはチェコ戦での終盤からの出場のみだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報