ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月28日

ユリアン・ブラント「今年、別のクラブでプレーしているとは思えない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 2021/22シーズンに向けた準備期間では、ユリアン・ブラントは順調な出だしを見せている。ローゼ新監督の下で行われた最初の練習でオーバーヘッドによるゴールを決めるなどアピールをみせており、新たな指揮官の下での化学反応へ期待感が増しているところだ。一方で移籍市場ではイタリアなどからの関心も伝えられているが、「今年、他の場所でプレーすることはないと思うね」とその可能性を否定。

 さらにRTL/ntvの中で「他クラブからの評価は喜ばしい」ことだとしても、「噂の中で自ら火に油を注ぐようなことはしたことはない」と強調している。「僕からの移籍希望の兆しは、これまで一切なかったと思うよ」ただし良い形でシーズンを過ごしていくためには、少なくとも移籍初年度に記録した7得点13アシスト(42試合)を取り戻し、上乗せしていく必要があるだろう。2年目はあまりに物足りないところがあった。(45試合で4得点2アシスト)

フメルス、フィットネスエリアで最初の練習

 前日夜に合宿地バートラガツにエムレ・ジャンが到着したのに続き、マッツ・フメルスもキャンプ地へと合流。水曜午前には両選手ともに、フィットネスエリアにて、最初のトレーニングをこなしていた。なおフメルスは膝蓋腱炎のために、今後どの程度トレーニングをこなしていけるかは不透明となったまま。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報