ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年08月16日

ドルトムント:アザールがスーパーカップ欠場、マレンが初先発か

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 トルガン・アザールは、バイエルン・ミュンヘンとのDFBスーパーカップを欠場することになる。その代わりに今夏加入した新戦力が、先発デビューを果たすかもしれない。

 土曜日に行われたブンデスリーガ開幕戦にて、アイントラハト・フランクフルトを相手に5得点快勝を収めた、ボルシア・ドルトムントのマルコ・ローゼ新監督。そのため決して選手の入れ替えに迫られているということではないのだが、少なくとも1つの関しては入れ替えを余儀なくされているところ。ローゼ監督によれば、トルガン・アザールは足首に「ハーフタイムの時点で痛みを抱えていた」という。「それでも懸命にプレーしていたんだ」

 ただ足首に腫れがみられたことにより、アザールはバイエルン・ミュンヘンとのDFBスーパーカップにて欠場を余儀なくされることになる。そのフランクフルト戦にて得点を決めていたベルギー代表に代わり、おそらく先発デビューを果たすことになるのが、3000万ユーロで今夏加入したドニエル・マレンだ。ここまでドイツ杯初戦、そしてブンデス開幕戦でも途中から出場していた同選手は、まだ得点は決められずにいる。


 今回のバイエルン戦について、ローゼ監督は「威信をかけた戦い」と位置づけ、「非常に真摯な姿勢で臨んでいる」ことを強調。確かに「開幕戦から3日後にスーパーカップ開催というのは、なかなか厳しい条件ではある。あまり練習はできない」ものの、それでも「今季に向けて戦う用意があるところ」をチーム全体で示していきたい。とりわけタイトルがかかっているだけに「勝つことを目標にするべきだ」。そこで「どんなパフォーマンスをみせるのか。それが重要だよ。良いあゆみにある感覚を得られる。」と述べつつ、「我々にはクオリティはある。もちろん、まだ工事中の部分もあるがね」と言葉を続けた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報