ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年10月05日

ハーランドに続き、ムニエとコーベルも代表参加を見合わせる

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ボルシア・ドルトムント所属のトーマス・ムニエは膝と足指の負傷により、一旦は合流したベルギー代表から、早期に帰還する判断を下した。「ムニエはここのところは膝の裂傷により、感染しないよう気遣う必要があった」と、日曜日にローゼ監督が説明。さらに「足首も腫れており、今週は何度も治療を行う必要があったんだ」と明かしていた。

 さらにスイスのメディアによれば、グレゴール・コーベルも膝に問題を抱えており、腱挿入部の炎症が見られるという、それでも懸命にアウグスブルク戦ではゴールを守ったが、代わりにヤング・ボーイズのダビド・フォン・バルモースが招集された。なおドルトムント側では、次節のマインツ戦での出場については特に危惧していない模様。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報