ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年10月20日

ニューカッスル、ブルース監督が退任。後任候補はロジャース氏やファヴレ氏

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 唯一この知らせに驚きを覚えるとするならば、想像よりも判断が早く下されたということくらいだろう。ここ2シーズンでは12位、13位で終え、そして現在は19位と低迷するその姿は、新たな富を手に入れた今のニューカッスル・ユナイテッドが思い描いているものとはかけ離れたものだ。そのため水曜午前には「双方合意」の上で、スティーブ・ブルース監督がチームを後にすることを発表されている。

 なおクラブ公式による声明の中では、両者ともに互いに感謝の気持ちを伝えており、今後についてはひとまず、アシスタントを務めているグレーム・ジョーンズ氏が指揮をとるとのこと。それと並行して「監督の模索」が行われるが、候補としてはレスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督や、ドルトムント退任後にフリーの状態が続いているルシアン・ファヴレ監督名前などが挙がっているところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報