ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年10月30日

ドルトムント、エムレ・ジャンが再び負傷離脱

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 10月の代表戦期間中にてボルシア・ドルトムントのマルコ・ローゼ監督は、エムレ・ジャンのシーズンがいよいよ始まることへの期待感を示していた。ユーロ参加から遅れてチームに合流した同選手だったが、筋肉系の負傷などを繰り返し、ようやく戦列へと復帰。しかしそれも再び終焉の時を迎えてしまっている。またしても筋肉系の問題を抱えた同選手は、次の代表戦期間まで離脱することが、週末のケルン戦を前に明らかとなった。

 なお先日ドイツ杯2回戦インゴルシュタット戦にてフル出場していた同選手は、「軽い怪我」ではあるものの「2・3試合はプレーできない」状態にあると指揮官は説明。その一方でドニエル・マレン、ユスファ・ムココ、そしてグレゴール・コーベルについては、特別なことがない限りは復帰を果たすことだろう。「ドニーは木曜に個別調整を行い、今日はテストする」ことになり、「うまくいけば」参戦。それはコーベルやムココについても同様だ。

 【10月30日22時半〜】

ドルトムントの先発予想(2位):コーベル – ムニエ, アカンジ, フメルス, M.ヴォルフ – ベリングハム, ヴィツェル – ブラント, ロイス, T.アザール – マレン
負傷,etc.:ジャン (筋肉系の負傷), クリバリー (復帰途中), ダフード (復帰途中), ゲレイロ (筋損傷), ハーランド (股関節屈筋の負傷), モリー (膝の負傷), レイナ (復帰途中), シュメルツァ (復帰途中), N.シュルツ (筋損傷),

ケルンの先発予想(8位):T.ホルン – シュミッツ, キリアン, チホス, ヘクター – リュビチッチ – エズカン, カインツ – ウート – モデスト, アンデション
負傷,etc.:J.ホルン (復帰途中), スキリ (腓骨頭骨折),
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報