ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年11月04日

ドルトムント、フメルスの退場処分について法的訴えも検討

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ボルシア・ドルトムントは水曜夜に行われたアヤックス・アムステルダム戦にて、マッツ・フメルスに提示された退場処分をめぐり、法的措置で訴えることも検討中であることを明かした。「あれは明らかなミスジャッジであり、それは明白に証明できるものだ。我々の試合は台無しにされ、試合が決定づけられてしまった」と、ミヒャエル・ツォルクSDは述べ、SIDに対してUEFAに接触していることも明かしている。

 フメルスは昨晩に行われたチャンピオンズリーグGL第4節にて、前半29分にアントンへのラフファウルを行ったとして退場処分を受けていたが、「CLのレベルにあって、審判としてどうしたらあれが退場と思えるのか、見当もつかない」と、DAZNに対して試合後にコメント。特に主審を務めたマイケル・オリヴァー(イングランド)審判員は、VARの介入にも映像さえ確認せずに判断を貫いていた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報