ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年11月19日

ドルトムント、待望のラファエル・ゲレイロ復帰へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ボルシア・ドルトムントのマルコ・ローゼ監督が、本来ならば攻撃的MFを本職とするトルガン・アザールを、キャリア初となる4バックの左サイドで起用したのには理由がある。ボルシア・ドルトムントの左サイドバックにおけるオプションはその時、ラファエル・ゲレイロ、ニコ・シュルツ、エムレ・ジャン、そしてマリウス・ヴォルフを欠いた状態にまで追い込まれていたのだ。

 とりわけその中でも最優先オプションとなるのがラファエル・ゲレイロであり、ハーランドやレイナが不在で攻撃力にも陰りが見られるドルトムントでは、ゲレイロがもつパス能力、プレスにおける抵抗力、シュート力、優れたコンビネーションは、ローゼ監督に再び4バックというオプションを提供するなど、左サイド改善に向けた決め手となる可能性も秘めている。またゲレイロほどの進展はみせていないが、ジャンやマフムード・ダフードについても、戦列へと復帰する可能性がある。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報