ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年11月20日

ドルトムント:ゲレイロが復調。ハーランドは「年内中に再びプレー」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 土曜午後に控えるVfBシュトゥットガルト戦を前に、ボルシア・ドルトムントのマルコ・ローゼ監督は「数名の選手が復帰したことによって、昨シーズンの時のようなシュトゥットガルトが来るとみている」とコメント。「どういった相手」であるかは認識しており、「守備面で非常に集中的かつ積極的にプレーし、中盤では個々のクオリティを、そしてスペースをいかに活かすかという発想をもったチームだよ」との評価を述べた。「そのための心算が求められるよ」

 その一方でドルトムントでも復帰選手を迎え入れており、ラファエル・ゲレイロが筋損傷を克服して「またオプションとなった」と指揮官はコメント。これにより10月はじめ以来続いた離脱期間に終止符が打たれることになる。またエムレ・ジャンについても短時間であれば復帰の可能性があり、さらに目の問題を抱えていたユスファ・ムココについても投薬治療との経過を観察中ではあるが、「基本的には」土曜日の出場は可能の模様。また復帰が切望されるハーランドについては、ローゼ監督は「年内にまたプレーするだろうと、慎重ではあるが前向きにみている」と語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報