ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年01月22日

トゥヘル監督、デンベレを高く評価「指導できて幸運だった」

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今冬にも移籍する可能性が高まりを見せている、FCバルセロナのウスマン・デンベレだが、その移籍先の候補の中に、チェルシーFCの名前もく加わることになるのだろうか?そこで指揮をとるのは、共に2017年に不和の中でドルトムントを去ったという共通点をもつ、トーマス・トゥヘル監督である。

 なおその際に獲得を強行したバルセロナでは、現在は移籍金を手にする最後の機会である今冬の移籍市場における売却にも強行に出ており、同選手について記者会見について問われたトゥヘル監督は、「彼はトップレベルでプレーするならば、非常に良い選手出し、私にとって彼をドルトムントで指導できたことは幸運だったと思っている」とコメント。「わずか1年ではあったがね。」と言葉を続けた。

 ちなみに「それ以来、我々はそこまで緊密に連絡をとっているわけではない」と明かしつつも、デンベレがフランス代表の一員としてパリ近郊で定期的に準備を行なっていたこともあり、パリ・サンジェルマンにて指揮をとっていたころには「時折」あったり、「メッセージを交換」したりしていたという。

 ただし具体的な関心については明言を避けており、「どういう状況なのか詳しいことはわからないし、(逆の立場で)自分の選手のことを言われていたらどういう気持ちかもわかるからね。話はしないほうがいい」と述べるにとどまっている。 
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報