ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年01月25日

エルリング・ハーランドは「筋肉系の問題」も、さらに検査へ

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ボルシア・ドルトムントは月曜日に、まだ暫定的ながらエルリング・ハーランドの、負傷状況について発表した。日曜日と月曜日に詳しい検査が行われたとクラブ公式では伝えており、ノルウェー代表FWは「筋肉系に問題を抱え、治療、そしてこれから数日でさらなる検査が必要」だという。週末に行われたTSGホッフェンハイム戦での負傷から、ファンの間では重い負傷を危惧する声もあがっているものの、まだ最終的な判断は持ち越しとなった。

 なお21歳のストライカーにとって今シーズン、これは3度目の筋肉系の負傷であり、9月末から10月中旬にかけては股関節屈筋に大きな問題を抱えて3試合欠場、10月末から11月末にかけてはさらに7試合で欠場しており、ちょうど今回はこれから2週間の代表戦期間に突入することは朗報だ。ちなみに代表戦明けでは2月6日にバイヤー・レヴァークーゼンと、13日にウニオン・ベルリン戦、20日にグラードバッハ戦が控えており、その間の2月17日と24日にはELグラスゴー・レンジャースとの32強が待っている。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報