ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年12月07日

ホルゴタ「移籍は正しかった」

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

img_3566
週末のアウグスブルク戦ではブラニミール・ホルゴタが、昨年2月以来となる得点で勝ち点1を確保。今季11人目の得点に、コヴァチ監督は「いかに我々が考えを大切にしているのか、チーム内で選手それぞれが重要であるかということを示していると思うね。私は選手たちにフレキシブルであるように求めているんだよ」と語った。

「ホルゴタが得点を決めて嬉しいよ。ただ得点を決めていなくとも、常に彼にはいくつかのチャンスはあったのだ。ただ運に恵まれていなかったね。にもかかわらず、これまでで最も難しいものを決めてしまったよ。これがサッカーだよね」

今夏にグラードバッハから加入したホルゴタは、「とてもいいステップだった。たくさんプレーできているし。」と述べ、「誰も定位置を約束されてはいないし気は抜けないよ。常に虎視眈々と狙っている選手がいるから。それでそれぞれを刺激しあっているのさ。定位置争いはとてもいいし、みんなが全力を尽くしている」と相乗効果を強調。

なおホルゴタとマイアーの2トップといえば、今季初の敗戦を喫した第2節ダルムシュタット戦で機能しなかったが、「とてもうまく機能するよ」と胸を張った。

なお週末にはここまで無敗を続けるホッフェンハイムとの一戦が控えているが、「注目の一戦だね。みんな楽しみにしているよ」とホルゴタ。ただしファビアンが復帰するからホルゴタ、マイアー、ガチノヴィッチの誰かが休むことになだろう。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報