ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年01月24日

コヴァチ監督、左サイドバックはチャンドラーで固定

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


前半戦ではクラブ史上2番目の移籍金で獲得したウィレムスが先発を務めていた、フランクフルトの左サイドバック事情。だが後半戦では状況は一変。右サイドを本職とするティモシー・チャンドラーが、後半戦での2試合ともに先発で起用され、コヴァチ監督も「特に今はここで変更する必要はない」と納得の表情を浮かべているところだ。「いま定位置争いで後塵を拝している選手たちはアピールをしていかなくてはならないものだ」

一方で逆サイドではウィングが本職のマリウス・ヴォルフが「見事なプレー」(コヴァチ監督)を見せているところであり、しばらくはチャンドラーはこのまま左サイドに残ることになるだろう。先週木曜掲載のkickerとのインタビューの中で、チャンドラーは「もちろんもっと得点力をみせていきたい」とコメント。

またヴォルフスブルク戦で決めた在籍3年半での2得点目は、利き足ではない左でマークしたものだった。今は3バックの採用により、サイドバックは「より前線でのチャンスがある。もちろん背後をおざなりにできないけどもっと動けるし気に入っている」とチャンドラーは語った。


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報