ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年07月29日

長谷部、”鬼軍曹のフィットネスコーチ”と再会。鎌田はキャンプメンバー外に

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


本日日曜日から南チロル/ガイスにて行われるトレーニングキャンプのメンバーの中には、既報通りマーク・シュテンデラと鎌田大地らの名前は含まれていなかった。そのほかメンバーから外れた主な選手はブラニミール・ホルゴタ、ネルソン・マンデラらで、このままフランクフルトに残りマルコ・ペッツァイオリ氏の指導の下でトレーニングを継続していくことになる。

なお今回のキャンプ期間中では、8月1非にFCエンポリと、8月4非にSPALl2013とのテストマッチがそれぞれに控えており、今回の構成メンバーは負傷離脱中のGKヤン・ツィマーマンを除く25名のフィールドプレイヤーと、4人のGKという布陣となった。

その一方でアイントラハト・フランクフルトは、新たなアスレチック・コーチの就任を発表した。かつてそのハードなトレーニングから”鬼軍曹”の異名でも知られた、フェリックス・マガト氏の下でシュトゥットガルト、バイエルン、シャルケ、ヴォルフスブルク、フラムなど長期に渡りフィットネスコンディションを担当していた、ヴェルナー・ロイトハード氏の就任を発表した。

同氏はかつてシュテティ・グラフやアンケ・フーバーらのコーチも務めており、最近ではバーゼルにてコーチング。クラブ公式ページにてヒュブナーSDは「プロスポーツにおける重要な分野、筋肉系の負傷を防止するにあたって権威者である。プレシーズンのこの段階において、または現代スポーツ全般において、非常に大事な存在となるだろう。今年は3つのコンペティションに臨むことでなおさら」と招聘した理由について説明している。契約期間は1年。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報