ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年07月30日

フランクフルトがキャンプスタート、ミュラーとレノウが負傷のために不参加

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 日曜日にトレーニングキャンプ地へと到着し、さっそく軽めの調整を行なったアイントラハト・フランクフルト。しかしながらそこには二人の新戦力、フレデリク・レノウとニコライ・ミュラーの姿がなかった。

 アディ・ヒュッター監督は「特に慌てているということもないし、できるだけ早く復調してくれればと思っている。専門家や医師のよれば、それはもう間も無くとのことだ」とコメント。ただもしもこれが長引くことになれば、新指揮官としては対応についても検討していくことになるだろう。

 さらにニコライ・ミュラーも大腿筋に問題を抱えており、医療スタッフの専門家と共に日々、回復にむけて 取り組んでいく。またアキレス腱に問題を抱えるタレブ・タワサについては個人練習のみにとどまっている。

 なお今回はシュテンデラや鎌田大地、ホルゴタ、ネルソン・マンデラらを外してのキャンプメンバーを編成したヒュッター監督は、「高いクオリティでの練習を行なっていきたい」が29選手では「とても難しいため」とその決断について説明した。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報