ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年09月04日

フランクフルト、足首負傷のサルセドが火曜日に手術へ

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 アイントラハト・フランクフルトは、これからしばらくの間、カルロス・サルセドを欠いて臨むことを余儀なくされた。メキシコ代表CBは、週末に行われたブレーメン戦にて左足首の靭帯結合部を損傷していたという。

  開始わずか8分、相手MFデイヴィ・クラーセンからタックルを受けたその様子は、観客席からみても実に痛々しいものであり、月曜午後にはフランクフルトが負傷内容について発表、さらに火曜日には手術を受けることも明かされた。

 昨夏にフィオレンティーナからフランクフルトへと加入した同選手は、それからリーグ戦22試合に出場。今夏にメキシコ代表としてワールドカップに出場していたCBだが、これにより長期離脱に入ることになる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報