ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年10月29日

フランクフルト、ルーカス・トロが恥骨炎で離脱

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 アイントラハト・フランクフルトは週末に行われるシュトゥットガルト戦、さらにはその後につづくELリマソルとの再戦でも、ルーカス・トロ抜きで戦うことになりそうだ。1−1で終わったニュルンベルク戦後に、アディ・ヒュッター監督は、同選手が恥骨炎を抱えていることを明らかにし、「代表戦期間後に復帰することを願っている」との考えを示している。

 試合前に行われたプレスカンファレンスでは、指揮官は「トロについては木曜日に再びいけると言うシグナルを受けていた」ことを明かしていたものの、「彼自身からプレーできないとの話があった。」とのこと。まだ離脱期間については明らかにはなっておらず、「この手の負傷は、予想しづらいんだ。慢性化は避けたいし、復帰が早すぎたと言う話はよく聞くものだから」と言葉を続けた。
 
 今季よりシャルケに移籍したマスカレルの後釜として加入した同選手は、開幕から先発出場を続けていたものの、負傷や家族の事情などからここまでリーグ戦5試合でプレー。キッカー採点3.3をマークしている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報