ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年10月11日

代役出場のマルコ・ルス、チームは3戦3勝

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 開幕当初ではなかなか出場機会を得られていなかった、フランクフルトのマルコ・ルス。カルロス・サルセド、ダヴィド・アブラーム、そしてエヴァン・ヌディカらの後塵を拝する格好となったためだが、それでも同選手はkickerに対して「昨季も言ってたけどシーズンは長いし、後半戦ではドイツ杯含めて出場機会を得られたよ。たくさん出場できればとは思うけど、必要とされる時は来るしプレッシャーはかけないようにしている」とコメント。

 そして我慢強くチャンスを待ち続けた33才のベテランは、サルセドとアブラームの負傷離脱のために先発へと復帰を果たすと、その経験と明晰なプレーによって、ブランクを全く感じさせずリーグ戦2試合、EL1試合でフル出場を続けており、対人戦勝率は58%チームは見事3連勝を飾っている。ただし代表戦帰還後に行われるデュッセルドルフ戦でも引き続き、ルスが先発出場を続けるかについては不透明だ。

 水曜午後の練習では主将ダヴィド・アブラームがチーム練習に参加する姿が見受けられており、そのまま先発復帰を果たす可能性がある。さらにルスにとっては左側のセンターバックもオプションの一つということにはなるのだが、そこでは若手ヌディカが及第点のパフォーマンスを見せているため、デュッセルドルフ戦でも引き続きファーストオプションということになるだろう。ただ少なくともルスが計算できる選手であるということは、今回アディ・ヒュッター新監督に対して証明することはできたはずだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報