ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月06日

好調フランクフルトの19才CBヌディカ「これからも楽しみだ」

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 先週金曜に行われたシュトゥットガルト戦でも、フランクフルトは3−0と勝利を収めたアイントラハト・フランクフルト。そのなかで3バックを形成しているのが、今夏加入の19才、エヴァン・ヌディカだ。「それぞれがうまく、ハードに練習で取り組めているし、それが成功の鍵だと思う」と語った同選手は、「日々の練習が結果として報われることは素晴らしいことだ。チームは新しく、多くの新戦力がいる。良いチームだと思うし、良い時期を長く継続していきたいと思うよ」とコメント。

 特に今季は3トップのハーラー、レビッチ、ヨヴィッチが強力なオフェンス陣を形成しており、「とても力強いし、前線でのコンビネーションを見れば、その力強さが見て取れるよね。勝ち点や勝利にとても貢献してくれているし、時には大勝さえ収められている。チームを良くしてくれる存在だし、これからも楽しませてくれることだろう」とヌディカ。

 だが好調な戦いにも「自分たちのことを考え、どのチームを相手にしてもできるだけ苦しめていきたい。とても一体感をもって取り組めているし、自分たちの立場も理解している」と述べており、「勝利して楽しんで行きたいけど、でも決して高慢になることはない。どの試合もしっかりと評価して、ハングリーさを保っているよ、次の試合で勝利を収めるためにね。そういう流れができればやりやすくなってくるものだしね」と強調。

 そしてこれから迎えるELアポロン、そして日曜のシャルケ戦にむけて「キプロスでのアウェイ戦は、決して容易なものなどではないよ。まず長距離移動もあるし。でもベストの結果を持ち帰りたい。それにシャルケ戦というまた難しい試合もある。集中して守って、良いポジショニングをして、最近のように無失点に抑えていきたいと思うよ」と意気込みをみせている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報