ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月16日

膝の手術から復帰目指すチャンドラーが順調に回復

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 フランクフルトの多くの選手たちが週末を利用し、来週の月曜日まで体力の回復をはかっている中で、金曜午前にパインティンガーACと共にトレーニングに励んでいたのが、負傷からの復帰を目指すティモシー・チャンドラーだ。

 右サイドバックを主戦場とするベテランDFは、8月中旬に右膝の手術を余儀なくされており、離脱期間は半年が見込まれているところだ。そんななかで、28才の米国人DFは順調な回復をみせている模様。

 米国代表として29試合に出場した経験をもつチャンドラーは、2001年から9年にわたってフランクフルトで育成され、2010年から4年にわたってニュルンベルクでプレー。清武弘嗣、金崎夢生、そして現在もチームメイトの長谷部誠らともプレーした経験をもつ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報