ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月18日

背中の負傷から2ヶ月のジェラルデス「もう痛みはない」

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 9月6日に行われた親善試合にて、空中戦で背中に負傷を抱えたフランシスコ・ジェラルデス。「何か違和感は感じたんだけど、でもアドレナリンがでまくってて、さらに15分間プレーしたんだ。そしてロッカールームで痛くなってね」と同選手はコメント、「日常の動きでさえまともにできない」ほどであったことを、オッフェンバッハ・ポストに対して明かしている。

 それから2ヶ月が経過し、すでにチーム練習復帰を果たしている23才のポルトガル人MFは「もう痛みはないよ。」とコメント。今回の休暇を利用して母国へと戻るような事はせずに、「プライベートコーチとともに練習に励んできた」ところだが、しかし現在はチームが好調である上に、激しい定位置争いから出場機会はそうすんなりとは訪れるものではないだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報