ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月26日

好調フランクフルト、守備の要アブラームが負傷離脱!

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 アイントラハト・フランクフルトはこれからしばらくの間、主将ダヴィド・アブラームを欠いてシーズンに臨むことを余儀なくされる。フランクフルトの守備を支える3バックの一角を担うベテランセンターバックは、先日のアウグスブルク戦にてふくらはぎに損傷を抱えたとのこと。

 開始わずか1分で、デ・グズマンの先制ゴールに沸いたのもつかの間、そのわずか2分後には守備に臨んだアブラームが負傷。そのままピッチへと倒れこみ交代を余儀なくされた。

 なお代役はマルコ・ルスが務め、最終的にフランクフルトは3−1でアウグスブルクにも勝利。これでライプツィヒを交わし、第12節終了時点で3位へと浮上を果たしている。

 一方でアブラームについては、クラブ公式ページでは離脱期間について特に明かしてはいないが、これからフランクフルトではEL2試合(マルセイユ、ラツィオ)、そしてリーグ戦5試合(ヴォルフスブルク、ヘルタ・ベルリン、レヴァークーゼン、マインツ、バイエルン)が控えているところだ。
 
 今季よりアレックス・マイアーのあとを受け継ぐ形で主将に就任したアブラームは、2015年にフランクフルトに加入して以降、ここまでブンデス1部97試合に出場(1得点4アシスト)、今季は負傷もありここまでリーグ戦9試合、ドイツ杯1試合、そしてELでは3試合に出場している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報