ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月28日

フランクフルトが中盤に更なる離脱、アランが年内全休へ

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 アイントラハト・フランクフルトは残りの前半戦において、アラン抜きでシーズンへと臨むことが明らかとなった。同選手は膝の靭帯に損傷がみられるとのことで、年内は全休を余儀なくされるという。

 先週の練習で膝を捻挫していたアランは、週末に行われたアウグスブルク戦でも欠場。検査の結果、左膝の外側側副じん帯の一部で断裂が確認されたことが、フランクフルトの公式より報告。

 そのため、21才のMFは一足早く冬休みへと入ることになり、離脱期間は6週間を見込んでいるとのこと。すでにアランはイングランドへと向かいレンタル元のリヴァプールのチームドクターと共に、今後の治療方針について話し合いを行なっていく。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報