ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年02月09日

「フランクフルト時代に幕」ファビアンがMLSへ

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 マルコ・ファビアンが、アイントラハト・フランクフルトに別れを告げ、米国MLSフィラデルフィア・ユニオンへと移籍することが金曜日に発表された。

 「今日は僕にとって、とても大切な人生のチャプターに幕を閉じる日となった」と、同選手は新天地でのクラブ公式ページにてコメント。「誇りと涙」を胸にフランクフルトへと別れを告げ、 フランクフルトのフレディ・ボビッチ氏は、「これからもずっとこのクラブの一員だ」との言葉で送り出している。

 わずか2年前までは、kickerポジション別ランキングにてバイエルンのティアゴ、ライプツィヒのフォルスベリに次ぐ、3位へ国際ランク入りを果たし選出されていたマルコ・ファビアン。まさにチームにとって欠かすことのできない存在となっていたメキシコ代表MFだったのだが、しかしながらそれ以降は低迷期がつづいていた。

 昨夏にも既にフェネルバフチェ移籍成立間近にまで迫っていたのだが、フェルバフチェ側の翻意などにより、現地入りまで果たすも土壇場で不成立という事態に。そのため前半戦ではドルトムント戦での途中出場1試合、ELでは登録からも外れ構想外に。これによりファビアンは、同じメキシコ代表と共に今冬、フランクフルトに別れを告げる決断を下している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報