ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年02月28日

フェルナンデス復調、長谷部誠はリベロ復帰へ

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 土曜午後に行われるTSGホッフェンハイム戦に向けて、水曜日から大人数でのトレーニングを再開したアイントラハト・フランクフルト。小春日和の暖かな日差しの下、23人のフィールドプレイヤーと3人のゴールキーパーからは活気ある姿が見受けられていたが、そのなかには大腿筋に問題を抱えていたジェルソン・フェルナンデスの姿も見受けられた。

 そのため前節で復帰を果たしたセバスチャン・ローデと共に、アディ・ヒュッター監督は欧州リーグ出場権をかけた直接対決において、経験豊富なスイス人MFを中盤に戻す事ができそうだ。さらに中盤の候補としてはCMFデ・グズマン、SBウィレムス、攻撃的なMFミヤト・ガチノヴィッチなども考えられる。

 またこれにより、ここのところ2試合ではボランチとしての出場が続いていた、長谷部誠をリベロに戻すこともできるだろう。今季はその見事なパフォーマンスで、フランクフルトの3バックのその中心として支えてきたベテランだが、ただ35才という年齢から指揮官は以前に、ボランチで数試合つづけて起用することは厳しいとの判断をみせていた。

 逆に言えば、センターバックでの定位置争いが激しさを増すことにもなり、フラクフルト加入から好調のマルティン・ヒンターエッガー、負傷から復調を果たした主将ダヴィド・アブラーム、若手のエヴァン・ヌディカや、ハノーファー戦で良いブンデスデビューを果たしたアルマミ・トゥーレらが控えている。


 その一方でアイントラハト・フランクフルトは、ヨーロッパリーグ16強、インテル・ミラノとの初戦にあたる、3月14日のサン・シーロでのアウェイ戦のチケット販売について、1万3500枚分に対して2万人からの応募が殺到したことを明らかにした。役員を務めるアクセル・ヘルマン氏は、感謝と喜びの気持ちを示し「これから迎える平和的で、そしてプレー面で興味深い2試合の戦いを楽しみにしている」と語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報