ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年05月17日

CL?EL?何も無し?王者との一戦に全てがかかったフランクフルト

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 わずか8日前には、ヨーロッパリーグ決勝にまであと一歩のところまで詰め寄り、またブンデスリーガではCL出場圏内となる4位につけていたアイントラハト・フランクフルト。しかしながらPK戦にまでもつれこんだEL準決勝では敵地でチェルシーに惜敗。つづくマインツとのライン・マイン・ダービーでは、フランクフルトは敗戦を喫して一気に6位にまで転落を余儀なくされた。

 今シーズンより就任したアディ・ヒュッター監督の下、出だしこそドイツ杯初戦で敗戦するなどつまづきをみせながら、ドイツ勢として唯一国際舞台で準決勝に残るなどその存在感を示すシーズンを戦ってきたフランクフルト。その最終節ではCL出場を決めて有終の美を飾りたいところではあるのだが、しかし相手は王者バイエルン・ミュンヘンであり、敗戦を喫することになればそれは自動的に、敵地での優勝を目にすることを意味するのである。

 一方でフランクフルトがこの試合で勝利を収めれば、同じく優勝がかかったドルトムントとの一戦に臨むグラードバッハ、そしてヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦に臨レヴァークーゼンが共に引き分け以下ならば4位へと浮上。また引き分けに終わったとしても、この2クラブが敗戦することになれば、得失点差で上回るフランクフルトにCL出場権が舞い込んでくることになる。

 ただ敗戦を喫してしまった場合、アウグスブルク戦をホームで迎えるヴォルフスブルク、そしてマインツとのアウェイ戦に臨むホッフェンハイムがそれぞれに勝利をおさめてしまった場合は、一気にヨーロッパリーグ出場圏外にまで転落。フランクフルトは何も手にすることができないままシーズンを終えることとなるが、果たして・・・。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報