ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年05月29日

フランクフルトU17コーチが、ライプツィヒをスパイ?

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 以前にアイントラハト・フランクフルトのU17にてコーチを務めていた人物が、RBライプツィヒのデータバンクにおいてスパイ行為を行なっていた疑惑が持たれている。ドイツの大衆紙ビルトが伝えたところによればその人物は、ニューヨーク・レッドブルズの関係者からパスワードを手に入れ、そしてISB(インターナショナル・サッカー・バンク)のスカウティング・データバンクへと侵入したという。

 「全ての事案について、我々は徹底的に調査を行っているところだ。」と、アイントラハト・フランクフルトのペーター・フィッシャー会長はコメント。「ただここまでの中で判明していることは、あくまでこの人物個人によって行われたということだ。」と言葉を続けた。

 なおライプツィヒとは透明性をもって話し合いを行っていることも明かしており、レッドブルのコミュニケーション担当フロリアン・ショルツ氏によれば、今回の事がフランクフルトの選手獲得に関わったということはなく、さらに「ライプツィヒのユース部門の大部分に及んでいる」とのことで、「使用されたアカウントは既にライプツィヒを去っている人物のものだ」とまでは明かされている。

 さらにフランクフルトは、ISB(インターナショナル・サッカー・バンク)より、法的手段により賠償金を求められる可能性もある。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報