ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年07月23日

K=P・ボアテングの復帰を目指す、フランクフルト

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ドイツの大衆紙ビルトはアイントラハト・フランクフルトが、ケヴィン=プリンス・ボアテングの復帰に向けて動いていることを報じており、kickerで確認をとったところではこの情報は正しいようだ。今夏にフランクフルトでは自慢の3トップのうち、ルカ・ヨヴィッチがレアル・マドリードへ、セバスチャン・ハーラーがウェストハムへと移籍している事情がある。

 フランクフルトにてボアテングは、ドイツ杯優勝という形で有終の美を飾るなど高いステータスを構築しているところであり、その後に家族とほど近いことを理由としてサッスオーロへと移籍。しかしわずかその数ヶ月後には、「子供の頃からの夢だった」としてFCバルセロナへとレンタル移籍していた。

 ベルリンに生まれ、ガーナ代表としてプレーしたポリバレントな攻撃的プレイヤーは、サッスオーロとの契約を2021年まで残しており、32才となった同選手の獲得には移籍金も発生することになるが、確かにフランクフルトではヒンターエッガー、ローデ、トラップらの獲得を目指している事情はあるものの、ハーラーとヨヴィッチから得た潤沢な資金を踏まえれば特に大きな問題ではないはずだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報