ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年07月24日

パリSG、トラップの後釜にニューカッスルのドゥーブラフカ?

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 kickerがえた情報によればフランス王者パリ・サンジェルマンでは、ドイツ代表GKケヴィン・トラップの後釜として、プレミアリーグのニューカッスル・ユナイテッドにて、昨季に活躍をみせ注目を浴びたマルティン・ドゥーブラフカが浮上しているようだ。なお移籍金額は1000万ユーロほどとみられるが、2022年まで契約を残す30才のスロバキア人GKの獲得に向けた、具体的な交渉はまだ行われていない。

 ただドゥーブラフカの移籍の確率が上がれば上がるほどに、アイントラハト・フランクフルトにとってはケヴィン・トラップの完全移籍での復帰の可能性が上昇することになる。先日パリ・サンジェルマンのレオナルド氏は、仏紙レ・キップに対して同選手について「現時点では売却の予定はない。彼からもその可能性を尋ねられているわけではないしね。うちには二人のGKが揃っているよ」とコメント。だが間も無くして、そこに動きがみられてくるかもしれない。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報