ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年08月28日

フランクフルト、ハーラーの穴埋めにバス・ドスト獲得

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 アイントラハト・フランクフルトは既報通り、スポルティング・リスボンから、バス・ドストを獲得したことを発表した。2016年にポルトガルへと渡って以降、この3年間で公式戦127試合に出場し93得点をマークしてきた同選手は、2012年から2016年までヴォルフスブルクに在籍。ブンデス1部通算85試合に出場し、36得点をマークしている。

 マネージャーを務める、ボビッチ氏は「セバスチャン・ハーラーの移籍に伴い、適切な穴埋めを行うことが課題となっていた」と述べ、加えて「豊富な経験」も評価。「これらを満たす上に、ブンデスを知っている。そのフィジカルと得点力は、チームにとって重要な柱となるものであり、決定率は非常に高く、もちろんそれがこのまま続いていくことを期待しているところだ」と説明した。

 196cm、オランダ代表として18試合に出場した経験ももつ30才は、フランクフルトとは2022年までの3年契約を締結。背番号は9を身につけ、移籍金はスポルティングが発表したところでは700万ユーロ。ただし成果によって50万ユーロが上乗せされる上に、次回移籍時の移籍金のうち15%がわたる契約形態となっている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報