ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年09月03日

アンテ・レビッチとアンドレ・シウバ、交換トレード

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ルカ・ヨヴィッチ、セバスチャン・ハーラーに続き、さらにアンテ・レビッチも後にすることとなったアイントラハト・フランクフルト。その行き先はイタリア、セリエAのACミランだったが、それと入れ替わる形で、アンドレ・シウバがフランクフルトへと加入したことも同時に発表された。

 「関係者すべてが満足している。我々は大きなクラブでプレーしたいアンテの希望に沿った。アンドレ・シルバについては興味はあったが高額過ぎたからね」と、アディ・ヒュッター監督はコメント。「深い位置へ仕掛けられる、見事なダイナミズムをもった、そのスピードで相手を痛めつけていた」レビッチの移籍を「非常に残念だ」と述べている。

 そしてその穴埋めが期待されるのが、アンドレ・シウバだ。ただレビッチが4−3−3システムでの左ウィングを主戦場にしていたのに対し、シウバは「ボックス内での左右、そして空中戦でもとても良いシュートを見せる選手」として評価。「ポルトガルではもっとも大きな才能の一人で、得点能力の高い選手を迎え入れた」年期間は説明しており、これで昨季自慢の3トップ(レビッチ、ヨヴィッチ、ハーラー)が様変わり(シウバ、ドスト、ヨヴェリッチ)したが、「今のチーム編成には確実に満足している」と胸を張った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報