ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年09月21日

元フランクフルト、アンテ・レビッチに5試合の出場停止処分

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今夏での移籍市場にてアイントラハト・フランクフルトからACミランへと移籍した、アンテ・レビッチ。だがそのクロアチア代表にとって、最後のフランクフルトでの試合となったELプレーオフ、ストラスブール戦にて相手GKへのハードファウルと、その後に審判へ暴言を吐いたことを受け、5試合の出場停止処分となることが明らかとなった。

 ただし新天地のACミランは、ファイナンシャル・フェアプレーへの抵触により、ヨーロッパリーグでの出場権を剥奪されていることから、この処分の解消までにはまだ当分の時間を要することになる。


 さらにフランクフルトではそのストラスブール戦にて、一部のファンが物をピッチへと投げ込んだことと、火器類を使用したことなどにより、UEFAから5万8000ユーロもの罰金を請求。さらに10月24日のスタンダール・リェージュ戦では部分的無観客処分も受けることとなった。

 加えてブルーノ・ヒュブナーSDも、審判員やストラスブールサイドとの口論により、2試合の出場停止処分を受けており、すでに先日のアーセナル戦にて消化していることから、あと1試合の処分ということになる。なおフランクフルト側は、まだ異議申し立てを行うことが可能。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報