ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年09月26日

フランクフルトのヒュッター監督「失点が多すぎる」

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末に行われたボルシア・ドルトムント戦では、鎌田大地が誘発したトーマス・デラニーのオウンゴールにより、「勝利にも似た」ドロー劇を演じて見せたアイントラハト・フランクフルト。アディ・ヒュッター監督は「自信と気迫の両面で収穫があったし、フィジカル面での良い状態にあるね」と、前向きな発言を行なった。

 しかしながらそれと同時に、デュッセルドルフ戦やアウグスブルク戦での序盤に続き、この試合でも開始35分までは「走力的にみて決して十分なものではなかった。あとで改善はされていったがね」と指摘。立ち上がりの悪さと追いかける試合展開の解消を課題として掲げると共に、「失点が多すぎる」と問題もまた指摘した。

 なお週末に行われるベルリンでのアウェイ戦では、膝に打撲を受けていたセバスチャン・ローデの出場が不透明となっており、水曜日には練習復帰を果たして「良い感じには見受けられる」とのことだが、それでもメンバー入りについては明言を避けている。

 その一方でミヤト・ガチノヴィッチとヨナタン・デ・グズマンについては、すでにフルメニューで参加を果たしているところであり、両選手ともに週末の試合では再びオプションになることができそうだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報