ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年09月28日

長谷部誠がトラップと激突「意識を失っていた」

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 金曜日に行われた1.FCウニオン・ベルリンとのアウェイ戦では、2−1と今季初となるアウェイ戦での勝ち点3を確保することに成功した、アイントラハト・フランクフルト。アディ・ヒュッター監督は「90分間を通じて、勝利にふさわしい戦いを見せていたと思う。両FWが得点を決めてリードを奪い、そしてアウェイで勝ち星を挙げることができたよ」と胸を張った。

 「この試合はとても闘争心が求められる試合だったね。後半からは、我々には良い時間帯があったよ。ここでの試合では今後、勝ち点を失ってしまうクラブがこれから出てくると思うね」と試合について振り返っている。

 しかしながら試合終盤では守護神ケヴィン・トラップと守備の要である長谷部誠が、ハイボールを競った際に激しく激突。「誠はその後に少し、意識を失っていた状態だったんだ。今は少し良くなっているが、これから数日は様子を見ていくことになるよ」と、指揮官はコメント。

 またトラップについても、「転倒しており、そして違和感を感じていたようだ」と、肩付近の治療を受けていたドイツ代表GKの状態について説明した。なお近い情報筋によれば、今の所はまだ特に明確な負傷は明らかにはなっていないという。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報