ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年10月01日

長谷部と激突の守護神トラップ、残り前半戦全休へ!

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末に行われた1.FCウニオン・ベルリン戦にて、左肩の回旋筋腱板に部分断裂を抱えたケヴィン・トラップが、前半戦の残り全休を余儀なくされることが、火曜日にクラブ側より発表がなされた。これからドイツ代表GKは手術を受けることになるという。

 「これはケヴィンはもとより、我々にとっても決して良い知らせなどではない。順調に回復していくことを願っているし、また万全の状態となってまた戻る日を待つ。フレデリク・レノウがうまく穴埋めしてくれると全幅の信頼を寄せているよ」と、ブルーノ・ヒュブナーSDは語っている。

長谷部は脳しんとう

 その一方で、同じくそのトラップと激突した長谷部誠については、脳しんとうを抱えていることがすでに明らかとなっており、これにより木曜に行われるELギマランイシュ戦はもとより、おそらくは日曜に行われるヴェルダー・ブレーメン戦でも、欠場を余儀なくされることだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報