ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年12月06日

ドイツサッカー連盟、フランクフルトへ1万8300ユーロの罰金処分

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ドイツサッカー連盟は金曜、アイントラハト・フランクフルトに対し、ウニオン・ベルリンとのアウェイ戦でみせた、一部のファンがとった不適切な行動について罰金を命じる判断をくだした。

 9月27日に行われたこの試合の開始直前、フランクフルトの観客席では少なくとも11基のベンガル式発炎筒が焚かれており、会場は煙に包まれ、およそ3分間ほど開始が遅れる結果となっていた。

 さらに後半開始直後の47分にも、フランクフルトの観客席にて同じく、ベンガル式の発炎筒が4基ほど焚かれており、これらを受けてドイツサッカー連盟スポーツ裁判所は1万8300ユーロの罰金を命じることを判断。すでにクラブ側がこれを受け入れたことから処分は確定済みとなった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報