ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年01月19日

フランクフルト、ブルーン・ラーセン獲得は「考えにない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ボルシア・ドルトムントからの移籍を希望している、ヤコブ・ブルーン・ラーセン。攻撃的ポジションであれば複数でプレー可能な若きデンマーク代表については、最近ではアイントラハト・フランクフルトとの繋がりが指摘されていた。

 ただ伝えられたところでは、あくまで売却を目指すドルトムントと、高額の移籍金を支払う用意のないフランクフルトとの交渉は平行線を辿っているとも伝えられていたが、果たして現状はどう進展したのか?

 この質問に対して、フランクフルトでマネージャーを務めるフレディ・ボビッチ氏は、TV局スカイに対して「全く考えにはないよ」と明確に一蹴している。

 今冬の米国キャンプでは攻撃MF鎌田大地と、守備的MFジェルソン・フェルナンデスが負傷離脱へ入ったが、鎌田については来週にも練習参加が見込まれており、今冬の移籍市場ではフランクフルトはフェルナンデスの穴埋めに集中することになるようだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報