ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年02月20日

フランクフルト、ELザルツブルク戦でドスト、ガチノヴィッチが欠場

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今週木曜に行われるヨーロッパリーグRBザルツブルクとの初戦に向けて、アイントラハト・フランクフルトではバス・ドストを欠いて臨むこととなった。同選手は前節ドルトムント戦で45分間プレーした後に、内転筋に問題を抱えたことが明らかとなっており、ヒュッター監督は「できれば来週月曜のウニオン・ベルリン戦に間に合えば」との見通しを語っている。

 昨夏にポルトガル1部スポルティングからフランクフルトに移籍した経験豊富な大型FWは、今季は大なり小なり負傷などに悩まされ続けており、今季はここまでリーグ戦14試合に出場(5得点)、ドイツ杯1試合(2得点)、ELでは3試合に出場しているところだ。

 さらにミヤト・ガチノヴィッチについても、「オプションではない」ことが指揮官より語られており、セルビア人MFはすでに月曜の時点で風邪のため体調不良であることが伝えられていた。加えてこの試合で守備の要マルティン・ヒッターエッガーを出場停止にあり対応を強いられる。

 なおそのヒンターエッガー、イルザンカー、そして自身にとっても古巣との対戦となるヒュッター監督は、今回の抽選結果を「難しい」と見ており、正気は「半々」と見ているところ。確かに今冬にはハーランドや南野らが移籍したが、それでも「これまでにもザルツブルクはうまくカバーできるところをみせてきた」と警戒心を示した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報