ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年04月06日

ヘッセン州も練習再開。フランクフルトが週末より再始動

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 先週火曜日には既に、ノルトライン=ヴェストファーレン州がプロスポーツ選手らを対象に、制限つきながら練習の再開を許可する判断を下したことが伝えられたが、先週金曜にはヘッセン州においても同様の試みが行われることが確認されており、これに該当するブンデス1部2部のクラブは、1部がアイントラハト・フランクフルト、2部がダルムシュタット、そしてヴィースバーデンだ。

 選手間の距離を保つための配慮をしつつ、二人1組でトレーニングを行い、ロッカールームにおいてもしっかりと分けられる。さっそくその金曜日から実施。フランクフルト日本語公式ツイッターでは、「隔離期間を終え、選手たちが再び練習場に戻ってきました。衛生面の問題を考慮し、選手たちはいくつかのグループに分かれて少人数でトレーニングに臨みます」と、動画つきで伝えた。


 どの一方でフランクフルトでは、さらにもう1つの明るい話題も伝えられており、アイントラハト・フランクフルトの会員数が遂に9万人を超え、9万117人となったことが発表された。フィッシャー会長は「この苦しい時期に、我々には心強い後ろ盾があることを改めて実感するものだ。全ての会員ひとりひとりに感謝の気持ちを伝えたい」と述べている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報